コンテンツへスキップ

【今さら聞けない】メタバースとは?仮想通貨との関連性も解説

【今さら聞けない】メタバースとは?仮想通貨との関連性も解説

「メタバース」と聞いて、瞬時にそれが何であるか解説できますでしょうか。

「聞いたことはあるけど詳しくは・・・」「何それ?美味しいの?」こんな状態の方がほとんどではないでしょうか。

「メタバース」という言葉がかなり浸透してきている現在、「今さら聞くのも恥ずかしいな」という方に向けて、ここではメタバースの全体像と活用事例から仮想通貨との関わりまで網羅的に解説していきます。

メタバースについて

最近耳にする機会も増えたメタバースですが、実際のところどのようなものかイマイチ理解していない方も多いでしょう。メタバースが一体何なのか解説していきます。

メタバース 意味

メタバースとは一言で言うと「仮想世界」です。「Meta」=「高次の〜・超〜」と「Universe」=「領域」を合わせた造語で、繋げると「高次の領域」となります。

つまり、現実の世界とはかけ離れた領域=仮想世界となるわけです。ここまで言われてもまだピンと来てない方も多いかと思います。イメージとしては「どうぶつの森」が一番しっくりくるでしょうか。

自分の体は現実世界にありながらもゲームという仮想の世界で遊んだり、家の中のデザインを変えたり、食事をしたりと仮想空間で生活をしていくイメージです。

メタバース 活用方法

では、メタバースはどのように活用されているのでしょうか。現在、メタバースが活用されている事例としていくつかの分野があります。代表例は「ゲーム」「ビジネス」「イベント」「ショップ」などです。

例えば、ゲームの分野で有名なのが「フォートナイト」です。ミニゲームを楽しんだり、自分だけの島を作ったり、ライブを楽しんだりも出来ます。実はミュージシャンの米津玄師さんや星野源さんはフォートナイト内でバーチャルライブを行っているのです。

また、ビジネス関連での活用事例として「バーチャルオフィス」が注目されています。仮想空間のオフィスにアバターで出社をし、社内で同僚とコミュニケーションや業務に取り組むことができるのです。

メタバースは、活用の仕方によって私たちにさらなる楽しみを与えてくれます。

メタバース 仮想通貨との関連性

このような現実を離れたメタバースですが、メタバースの中で切っても切り離せないのが仮想通貨です。そもそも、メタバースが活用できるようになったのも仮想通貨の技術があったためです。

NFTによって広がるデジタルデータの価値

メタバースを語る上で欠かせないのが「NFT」です。NFTとは、日本語では「非代替性トークン」と訳されますが、一般的には「改ざんや不正がしづらい電子証明」と言われています。今までは、例えばネット上でオリジナルの絵を作ったとして、この絵が実際に誰が作ったものか証明するものはありませんでした。

現実世界であれば印鑑やサインなどでその証明をすることが可能でしたが、オンライン上では作成物の証明が不可能でした。これを可能にしたのがNFTです。要はオンライン上で自分の作成物に自分の印鑑を押したようなイメージです。この技術により自分のものであると証明でき、アイテムなどの売買が可能となり仮想空間へと繋がります。

メタバース上ではデジタルデータにNFTで固有の価値づけをし、デジタルデータの取引に仮想通貨が利用されているのです。まさに私たちが生きている現実世界と同じですね。

メタバース セキュリティは大丈夫?

聞いているだけでも楽しそうなメタバースですが、気になるのがやはりセキュリティ面です。現実世界でも空き巣や強盗は怖いですよね。それと同じです。現在、考慮されているセキュリティ課題は大きく二つの分野に分類されます。

セキュリティ課題(システム面)

「システム面」では、サーバへの侵入などのデータ侵害、DDosなどのサービスそのものへの攻撃などが危惧されています。

セキュリティ課題(プライバシー面)

「プライバシー面」では、人格のなりすまし、盗聴・盗撮、ハラスメント関連などが挙げられます。新しいサービスが展開されると必ず新しい課題が見えてくるものです。

メタバース セキュリティ課題の解決方法

こういった課題の解決は、他人任せにする前にまずは自分でもできることからやってみるのが一番です。その一つに「セキュリティソフトの導入」があります。

無料のソフトも多く展開されていますが、やはり安心できるのは有料のソフトです。例えば「ウイルスバスター」や「ノートン」です。もちろん、無料ソフトから試して、のちに有料版に移行するのも一つの手です。あくまで「自分の身は自分で守る」の精神で何が最適か考えてみてください。

最後に

近年は続々と新しい技術、新しいサービスが出てきて世間を賑わせています。しかしその反面、新しい課題や脅威も生まれてきます。これは表裏一体です。いかに身を守るかご自身で考えるきっかけにして頂けると幸いです。