コンテンツへスキップ

ドージコイン(DOGE)について【基礎知識】

【基礎知識】ドージコイン(DOGE)について

今回は初ブログということで、ドージコインの基礎的な情報をまとめていきます!

ドージコイン(DOGE)の誕生

ドージコインは、犬の「dog」のスラングである「doge(ドージ)」が由来になっています。

ドージコインがつくられた2013年当時、まだ仮想通貨は黎明期で否定的な声も多くありました。そこで開発者のジャクソン・パーマー氏は「仮想通貨を取り巻くネガティブな印象に逆らう、面白くてかわいいコインをつくろう」というアイデアのもと、ドージコインを開発したのです。なお、ドージコインはビットコインをベースにつくられており、基本的な性能はビットコインと似通っています。

豆知識

ドージコインと同じく犬をモチーフとして注目を集めている仮想通貨に「SHIBA INU (SHIB/Shiba コイン)」というものがあります。

ドージコインの特徴

チップや寄付の手段として使われているドージコインは、一部のコアなコミュニティやサイトで使われてきた仮想通貨です。またドージコイン(DOGE)の価格は、著名人の発言に大きく左右される傾向があります。実際、米電気自動車最大手・テスラを経営するイーロン・マスク氏がドージコイン(DOGE)に関する投稿をツイッター上で何度か投稿したことで大きく価格が上昇したこともありました。今後、著名人がドージコイン(DOGE)に関してSNS上で言及した場合、ドージコイン(DOGE)の価格形成に影響をもたらす可能性があると言えるでしょう。

性能については・・・

ドージコインは、ビットコインよりも処理速度が速かったり、「RenDOGE」によりイーサリアムのブロックチェーンで利用できたりするなど、優れた面もあります。一方で、性能面ではそれほど優れた通貨ではありません。

ドージコインの将来性

ドージコインはビットコインを模倣して作られた仮想通貨です。そのため、ドージコインはビットコインの価格上昇に合わせて、その価格が伸びていく可能性があります。

これまでの値動き

ドージコイン チャートは2020年まで価格の変化はほとんどなく、変化が起こるのは2021年以降です。2021年1月末~2月初めにかけてドージコインの価格は従来の価格よりも大幅な高騰を見せ、その後下落をします。2021年1月末までのドージコインの価格は、約0.8円付近を推移していましたが、2021年5月8日には83.11円の最高値を記録しました。

高騰の理由とは

このような動きを見せた理由は、決済手段とし広がったことや、米大手自動車企業テスラ社によるビットコインへの投資などによるビットコインの価格の急騰が原因であるといわれています。そもそもドージコインは、ビットコインをベースとした仮想通貨であるため、その価格は、基軸通貨であるビットコインの価格変動に沿って、同じように価格を上昇・下降させる傾向にあります。

つまり、大口投資家や大企業が、本腰を入れてビットコインの獲得に乗り出したことから、ビットコインの価値が上がり、そのビットコインの価格高騰に合わせてドージコインの価格も上昇したのだと考えられています。このように、今後もドージコインは基軸コインであるビットコインの価格に応じて、その価値を変動させていくと言えるでしょう。

日本でも取引できるのか

2022年2月現在、ドージコイン(DOGE)を取り扱っている国内の仮想通貨取引所は存在しません。日本でドージコインを購入するには、国内でビットコインなどの仮想通貨を購入し、それを海外の取引所へ送金する必要があります。今後、ドージコインを取り扱う仮想通貨取引所が国内にできてくれば、その価格形成にポジティブな影響を与える可能性があるでしょう。