コンテンツへスキップ

暗号資産のマイニングについて徹底解説!

暗号資産のマイニングとは?マイニングについて徹底解説!

「マイニング」と言うものをご存知でしょうか。暗号資産初心者の方の中には「全く聞いたことがない」もしくは「聞いたことはあるけど具体的にどういうものかわからない」と言う方も少なくないでしょう。実は皆さんが暗号資産を活用できているのは、この「マイニング」のおかげなのです。そんな暗号資産のブレーンとも言えるマイニングですが、実際のところどういうものなのか、解説していきます。

マイニングとは?

暗号資産について勉強していくと「マイニング」という言葉を見かけると思います。マイニング(mining)とは日本語訳で「採掘」という意味になり、一般的には石油や鉱石などを掘り起こす際に使われます。では、暗号資産においてはどういう意味を持つのでしょうか。IT用語辞典では

  • ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の取引承認に必要となる複雑な計算(コンピューター演算)作業に協力し、その成功報酬として新規に発行された仮想通貨を得ること。

とされています。このように、マイニングは暗号資産の取引において重要な作業をすることを指しています。ちなみに、この作業に協力している人は「マイナー」と呼ばれています。では、「重要な作業」とは何でしょう。

マイニングのやり方

マイニングは一言でいうと「取引の承認作業」です。暗号資産個々の取引データ(トランザクション)の集合体を「ブロック」と呼びます。この「ブロック」には、取引における重要なデータが詰まっています。「この取引に不正はないか」と第三者がチェックし、承認する作業が「マイニング」です。

では、実際にどのような流れでマイニングが行われているのか。膨大なデータを扱うためマイニングには、パソコンとは別に「マイニングマシン」が必要になります。マイニングマシンは、暗号資産などを使ってレンタルする形になります。準備が整ったら作業スタートです。先述した通り、個々の取引におけるデータをチェックし、承認する作業がマイニングです。こうしたマイニング作業によって、暗号資産の取引が円滑に進められているのです。

マイニングの種類

マイニングには、3つの種類があります。

  • ソロマイニング
  • プールマイニング
  • クラウドマイニング

の3種類です。

ソロマイニングは、最もシンプルで、個人が1人でコンピューターを準備し参加します。

プールマイニングは、ソロマイニングの反対で複数人が協力してマイニングに取り組む体制のことを指します。

クラウドマイニングは、マイニングを事業として行っている企業に出資して企業にマイニングを代行してもらう投資に近い形態です。どの方式を選ぶかは個人の能力や現在の資金力によって判断して頂ければと思います。もし暗号資産が初心者で、マイニングについても本記事で初めて知ったという方は、知識や能力、資金力も最低限で済む「クラウドマイニング」がおすすめです。もちろん浮き沈みはありますが、ソロマイニングで時間と労力をかけて微々たる報酬になってしまうのであれば企業におまかせできるクラウドマイニングで報酬を得ていくのがベストです。

マイニングPCについて

マイニングに参加するに当たって「高スペックなPCが必要」ということはありません。個人で普段使用しているPCで問題ありません。しかし、マイニングは膨大なデータを取り扱うため、電力消費が激しくPCが高温状態になってしまいます。マイニングをやってみるとわかりますが、個人のPCでは限界があります。そのため必然的にハイスペックなPCや周辺の環境を準備せざるを得ない状況になり、15万円ほどは予算を確保しておく必要があります。

また、暗号資産は初心者だが普段からオンラインゲーム用のPC環境を整えている方は、是非マイニングに挑戦してみてください。なぜなら、ゲーミングPCは高画質や高い操作性を担保するためにPCの性能を高めている場合がほとんどです。PCの性能が高いほどマイニングには最適です。やり方さえ理解すれば、寝てる間に自動でマイニングを行い、報酬が発生するケースもあります。参加するメリットは大いにあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は暗号資産を勉強していくと、必ず遭遇する「マイニング」について解説してきました。既に暗号資産の取引を行っている方は、裏事情を知るきっかけになったのではないかと思います。また、初心者の方にとっては報酬を得る方法が暗号資産だけでなく、マイニングでもリターンを得ることができると選択肢が増えたのではないでしょうか。人それぞれ向き不向きがありますので、ご自身のスキルや手持ち資金の状態など踏まえた上でマイニングに挑戦してみてください。