コンテンツへスキップ

2022年注目のドージコイン(DOGE)とは?買い方も分かりやすくご紹介!

2022年注目のドージコインとは?買い方も分かりやすくご紹介!

去年人気が急上昇した「ドージコイン(Dogecoin)」は、有名人や企業の注目によって価格上昇が起きることがあります。例えば、今週ツイッター(Twitter)買収資金として約6兆円を確保し話題になっているイーロン・マスクさん(テスラ社CEO)が、去年の2月SNSで「ドージコインは人々の仮想通貨である」と発言し、「ドージコイン」の価格を前日比で約50%以上も上昇させました。でも、そもそもドージコインとはどんな仮想通貨なのか、どのような特徴があるのかを今回解説いたします。

まず、仮想通貨とは?

「ビットコイン」や「イーサリアム」は、だれでも一度は耳にしたことがある仮想通貨ですが、そもそも仮想通貨とは何でしょう?仮想通貨(暗号資産)とは、法定通貨の代替の電子マネーとは異なり、電子データのみでやりとりされる通貨であり、法定通貨(円、ドル、ユールなど)のように国に依存しないシステムを構築しているのが仮想の通貨です。2009年に運用が開始された「ビットコイン」をはじめとして様々な種類が存在し、法定通貨と仮想通貨が交換できる仮想通貨取引所が登場し、仮想通貨の保有が急速に広がりました。

ドージコイン(DOGE/dogecoin)とは?

「ドージコイン」とは、「ビットコイン」や「イーサリアム」のようにブロックチェーン技術で動いていて、2013年にソフトウェアエンジニアのビリー・マーカスさんとオーストラリアの起業家のジャクソン・パルマーさんが遊び半分で、インターネットで流行していた柴イヌをモチーフとした「ビットコイン」のパロディーを作り、「ドージコイン」と名付けました。そんな冗談で作られた「ドージコイン」は、柴犬の可愛らしさや有名人や企業の注目によって人気が爆発し、2021年5月5日に時価総額が900億ドル(約10兆円)に達しました。「ビットコイン」を基に作られてたため、性質も似通ったものになっていますが、異なる性質も持っています。そんな「ドージコイン」の特徴について見てみましょう!

  1. 他の多くの仮想通貨とは異なり、「ドージコイン」には発行上限なく、放っておけば無限にコインが増えるので、価格が安定しやすい傾向にあります。
  2. 「ビットコイン」と同様のPoW(プルーフオブワーク)を採用しています。
  3. 「ビットコイン」などの仮想通貨と比較して、決済にかかるスピードが高速であり、手数料が安価です。「ドージコイン」はなんと「ビットコイン」の約10分の1のスピードで決済ができてしまいます!

主にこの3つの特徴があり、「ドージコイン」の時価総額やランキングは現在(2021年4月29日)以下の通りです。

通貨名ドージ
通貨単位DOGE
時価総額¥2,391,573,318,408
時価総額ランキング11位
発行上限枚数なし
現在の値段¥18.03
扱える取引所Binance、FTX、Bittrexなど

ドージコインの買い方は?

2022年4月現在では、「ドージコイン」は残念ながら国内で取引所に上場していないため、購入するならば海外のCoinbase、BinanceとBittrexなどの取引所を利用する必要があります。つまり、日本から「ドージコイン」を購入するとしたら、以下の通りの手順が必要になります。

  1. コインチェック(Coincheck)、ビットフライヤー(bitFlyer)などの日本の取引所で口座開設を行います。
  2. 開設した日本の取引所で「ビットコイン」などの仮想通貨を購入します。
  3. 「ドージコイン」を取り扱っている海外の取引所の口座開設を行います。
  4. 日本の取引所で購入した「ビットコイン」などの仮想通貨を開設した海外の取引所に送金します。
  5. その「ビットコイン」などを送金した海外の取引所で「ドージコイン」へ換金します。

海外の取引所は、日本の金融庁から認可を受けていないため、利用には充分気を付ける必要があります。日本語に対応していない取引所も多いですので、初心者にはハードルが少し高いですね。

最後に

今回は、「ドージコイン」の特徴や買い方を紹介しました。「ドージコイン」の価格高騰は期待できませんが、草コインみたいに価値がゼロになってしまうリスクもない仮想通貨です。あなたも柴犬をモチーフとした「ドージコイン」を購入してみませんか?