コンテンツへスキップ

LINEが独自のNFTマーケットプレイスを開始!

LINEが独自のNFTマーケットプレイスを開始!メリットや特徴は?

先日、『約4万点のNFTを販売する総合マーケットプレイス「LINE NFT」提供開始』というニュースが出てきたのをご存知でしょうか。

日本では利用してない人を探すのが難しいぐらいのLINEがとうとうNFTのマーケットプレイスを提供することを発表しました。既に日本においてはLINEというコミュニケーションのプラットフォームが根付いているので「LINE NFT」がどれほど浸透していくのか楽しみです。

さて、そこで皆さんに質問です。そもそも「NFT」とはご存知でしょうか?また、「NFTマーケットプレイス」は聞いたことがあるでしょうか?「言葉は聞いたことがある。ただし意味までは・・・」という方も少なくないでしょう。そこで本記事では、NFTとはどういったものか。そして、NFTの始め方まで大枠の解説をしていきます。

NFT とは

NFTとは、一言で説明すると「唯一無二の暗号資産」と言えます。これだけだと何のことかさっぱりですね。NFTは、Non-Fungible Tokenの頭文字を取ったもので、直訳すると「非代替性のあるトークン」となります。非代替性、つまり変えがきかないということで、例えばホームランボールや絵画などこの世に唯一無二のものをいいます。

反対に代替性があるものとは、お金や大量生産された品などが当たるでしょうか。このように非代替性というのが、1つ大きなキーワードです。後半の「トークン」とは、ブロックチェーンの技術を用いて発行された暗号資産のことを総称したものになります。ざっくり「暗号資産か〜」程度の解釈でここまでは大丈夫です。

なぜNFTが騒がれるのか

かなり丁寧に解説してきましたが、結局NFTで何ができるのでしょうか。最も大きなメリットは、デジタル資産の所有者を明確にすることができることです。わかりやすい例としては「音楽」です。著名人の音楽であっても、著作権はあれどデジタル上でそれを証明することはできませんでした。そのため、様々な場所で2次・3次と利用され問題となっていました。

そこで登場するのが「NFT」です。NFTは、ブロックチェーンの技術を利用しています。ブロックチェーンは、データの改ざんや不正利用がほとんどできないくらい、強固な技術となっています。これを応用して、「これはあなたのもので間違いないですよ」とお墨付きを与えるのがNFTということです。

イメージとしては、契約書にハンコを押して「これで契約間違い無いですね」のような感じです。デジタル資産の所有権が明確になったことで「NFTアート」と呼ばれるものも登場し、世界で最も熱いものの1つとなっています。

NFTマーケットプレイスとは

先ほど解説してきたNFT(簡単にデジタル資産とします)の保管や表示、取引ができるプラットフォームがあります。それが「NFTマーケットプレイス」です。NFTマーケットプレイスでは、NFTを購入したり、自らNFTを作ってみたり、その作ったNFTを販売したり現実世界の商売と同等の活動が可能です。

NFTマーケットプレイスの種類

暗号資産にも多くの種類があるように、NFTマーケットプレイスにも様々な種類があります。定評のあるものの1つに「Open Sea」というものがあり、ここではアート、音楽、スポーツコレクションなど幅広いジャンルを取り扱えます。また反対に、デジタルアートに特化した「SuperRare」というものもあり、一流の厳選されたアーティストのNFTを取り扱っています。このようにNFTと一口には言い切れません。ご自身の興味のある分野を探してみましょう。

NFT 始め方

最後に、NFTの始め方を解説していきます。基本的には以下のような流れになります。

①無料口座開設をする

NFTに必要なイーサリアムは、Coincheck(国内大手取引所)で簡単に購入できます。

②Metamaskウォレットに送金をする

NFTやイーサリアムを管理する場所です。要は、財布にお金を入れておく感覚です。

③「価値が上がりそう」や「気になる」NFTを購入

意図せぬところで価値が高騰したりするので情報収集は欠かせません。

④NFT作品の転売で利益を出す

NFT市場の変化は非常に激しいので、差額で利益を出すことも十分に可能です。

アーティストとしての始め方

上記は、単純に購入者としての参加方法ですが、ご自身がアーティストとして参加することももちろん可能です。オリジナルの作品を作り、NFTマーケットプレイスで販売するだけです。これまで日の目を浴びて来なかった若手アーティストなども活躍しています。是非チャレンジしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。NFTは、今非常に熱いジャンルとして世界で話題になっています。技術としてはもちろん、デジタル世界であらゆる物の売買ができるなど現実世界と遜色ない活動ができるのも魅力の1つです。今後もNFTを利用した、もしくは全く別のサービスが生まれ私たちを驚かせてくれる日もそう遠くはないかもしれません。これも、現代を生きる私たちの特権です。投資としての側面もありますが、何よりまずはNFTを楽しんでみてはいかがでしょうか。